医師当直バイト求人サイト

TOP >> 当直バイトの基礎知識 >> 後期研修医可の当直バイト求人

後期研修医可の当直バイト求人

一般的に「研修医」と呼ばれるのは、国家試験に合格してから2年間、研修期間を続けている初期研修医のことであり、研修期間が終了するまで医師を名乗ることができないため、彼らは「研修医」と呼ばれます。一方、後期研修医は、同じく「研修医」と呼ばれていますが、国家試験合格から2年が経過し、研修期間が終了したため医師を名乗ることが可能です。つまり、初期研修医は法的に医師を名乗れない「研修医」ですが、後期研修医は、法的には医師を名乗れるにも関わらず「研修医」の名前が入っている医師です。

医療業界では、研修医が立派な医師となるためには最低10年以上かかるといわれており、研究機関が過ぎたからといって、即座に一人前の医師として扱われるわけではないことを示しています。しかし、後期研修医と初期研修医が同じ仕事をすることはなくなり、後期研修医は、実質的に「研修医」ではなく「常勤勤務医」として働くことになります。同じ当直でも、初期研修医が病院内をローテーションで回診しているだけなのに対し、後期研修医は指導医の管理下でなくても医療行為が可能となり、自分の選んだ診療科の知識や経験をより深めることが可能となります。しかし、後期研修医が医師の求人に応募しても、あまり積極的に採用されることはなく、ベテラン医師に求人を取られてしまうケースは多いです。

そのため、しばらくは当直バイトやコンタクト外来バイトなど、需要が高く比較的簡単なバイトから始めることが多く、医師というより接客業のようなバイトもあります。後期研修医になると、初期研修医にバイトをできなかった分、どんどん稼ぎたいという気持ちも大きくなりますが、後期研修医でも可能で高収入のバイトといえば、やはり当直バイトです。当直バイトは、病院の人材不足を背景に生まれたバイトであり、平日当直で5万円、休日当直で10万円など、医師を必要としている病院ほど高収入のバイトが期待できます。中には、自分の病院で当直手当をもらうよりも他院で当直バイトをした方がよいというケースも珍しくなく、常勤の合間に他院の当直バイトをすることも一般的です。このような高収入のバイトは、基本的に大学の医局から紹介されることはないので、自分で転職サイトに登録し、非公開求人などから条件の良いバイトを探してくることが多いです。これまでの学費の借金返済や、開業医になるための資金集めについて考えた場合も、転職サイトにはなるべく早く登録し、無理のない範囲で好条件の当直バイトを行うことをおすすめします。

>>医師当直バイト求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2016 医師当直バイト求人サイト All Rights Reserved.